ロコモティブシンドロームとは?

トップページ > ロコモティブシンドロームって?

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム、通称ロコモ。これは加齢や生活習慣によって運動器が衰えていく状態です。何も対処せず放置すると、寝たきりなど要介護になるおそれもあります。

まずは簡単なチェックをしてみましょう。

かんたんロコチェック

5つのロコチェック!①~⑤のうち、ひとつでも当てはまれば、ロコモである心配があります。

  • 片脚立ちで
    靴下がはけない

  • 家のなかで、つまずい
    たり滑ったりする

  • 階段を上るのに
    手すりが必要である

  • 横断歩道を青信号で
    渡りきれない

  • 15分くらい
    続けて歩けない

注意
チェック中、膝などに痛みが起きそうな場合は中止してください。
無理をしないよう、気をつけましょう。

ロコチェックとはロコモーションチェックの略です

ロコモになりやすい病気はあるの?

・骨粗しょう症
・変形性関節症
・脊柱管狭窄症
などを患うことによって、痛みや機能低下がおこります。

ロコモの予防をするために

ロコモを予防するには、日常的な運動が欠かせません。
運動、といっても様々ですが、私達はノルディックウォーキングをオススメしています。
私達と一緒に、ノルディックウォーキングで楽しく健康にロコモを予防しましょう。

次はノルディックウォーキングって何?

ページの先頭へ